シースリー(C3)の脱毛効果や評判は?良い点と悪い点まとめ。

脱毛サロン、シースリー(c3)について。脱毛の効果や種類、料金、評判・口コミ、他サロンとの比較まで詳しくまとめました。これからシースリーを予約しようと考えている方は是非参考にしてくださいね♪

シースリーとラヴォーグを徹底的に比較しました。

公開日:2016/12/1

シースリーは多くの店舗を展開している有名な脱毛サロンで、ラヴォーグも最近になって関東でも出店している注目のサロンです。

どちらも人気のあるサロンですが、どんな違いがあるのか比較してみました。

■シースリーとラヴォーグはどんなサロン?特徴を比較

まずは特徴を比較してみます。

(1)自由度の高さがシースリーの特徴

シースリーに人気のある理由は自由度の高さです。

全身脱毛コースをしているサロンは数多くありますが、一定の期間まで料金を払い終えると、回数と期間が無制限で一生にわたって通い続けられる脱毛サロンはシースリーくらいです。

また、料金はもともと安く設定してあるのですが、頻繁に料金がお得になるキャンペーンが実施されています。

予約をとる店舗も契約した店舗以外でも自由に選べるシステムが採用されています。

他のサロンだと契約した店舗でしか予約が取れないところがほとんどで、他の店舗で予約が可能なサロンでも店舗移動の手続きが面倒だったりします。

その点、シーシリーは自由に予約は取れて、特別な手続きも不要です。

自分の都合に合わせて自由に予約が取れて、スケジュールを立てられます。

他にもシースリーのシステムには自由度の高いシステムが数多くあります。

(2)ラヴォーグの特徴は安さ

元々、ラヴォーグは九州地方を中心に脱毛サロンの店舗展開してきましたが、最近ではその他の地域でも少ないながらも店舗をオープンさせています。

特に2016年は、関東地方で多くの店舗をオープンしています。

ラヴォーグが一番の売りにしているのは脱毛料金の安さで、月額3200円のコースなら全身脱毛1回分をわずか12800円で完了できます。

他のサロンでも料金の安いところはありますが、全身脱毛1回分の料金が2万円かからないのは驚きの安さです。

■シースリーとラヴォーグの全身脱毛プランを比べてみた

シースリーとラヴォーグの全身脱毛プランの内容や料金を比べてみました。

(1)シースリーの全身脱毛プラン

全身脱毛コーの大きな特徴である回数・期間無制限のコースは「通常コース」と「超光速脱毛コース」の2つに分類されます。

「通常コース」は1回の施術で全身脱毛の4分の1の範囲を脱毛します。

脱毛部位として、顔かIライン・Oラインを選んで施術するのか、顔とIライン・Oラインのどちらも施術するのかによって、支払総額29万円と34万円のコースに分かれています。

「超光速脱毛コース」は1回の施術で全身脱毛の1回分の脱毛します。

脱毛部位として、顔かIライン・Oラインを選んで施術するか、顔とIライン・Oラインのどちらも施術するかによって、支払総額34万円と37万円のコースに分かれています。

(2)ラヴォーグの全身脱毛プラン

ラヴォーグのプランは月額定額制プランと回数制プランに分かれています。

月額定額制プランには、全身55部位を脱毛する月額3200円の「全身脱毛フル」と全身26部位を脱毛する月額2500円の「全身脱毛ハーフ」があります。

回数制プランは、6回・12回・18回と回数によって料金が変わってきます。

LVSという脱毛機を使うコースの場合、6回で71820円、12回で143640円、18回で193914円です。

シルキーライⅡという脱毛機を使うコースの場合、6回で105600円、12回で200640円、18回で285120円です。

いずれの料金も総額です。

■シースリーとラヴォーグの脱毛機を比べてみた

脱毛機は脱毛にかかる期間や効果に関係してくるので比べてみました。

シースリーの脱毛機は純国産の「ルネッサンス」で、日本人の肌と毛の質を研究して開発されたものです。

そのため手術後のトラブルはなく、お肌はツルツルになる効果があります。

しかも45分という短時間で脱毛を完了させることができ、忙しい人の要望にも応えることができます。

ラヴォーグではLVSとシルキーライトⅡという2種類の脱毛機を使用しています。

どちらも日本人の肌と毛の質を研究して開発されたマシンなので安全面で心配はなく、お肌のトラブルについて心配する必要はありません。

ただし、脱毛の速さや効果について違いがあります。

LVSはシルキーライトⅡよりレーザーを照射できる部分が2倍以上広く、施術にかかる時間を大幅に短縮できます。

ただし、レーザーの強度はそれほど強くないため脱毛の効果が弱くなり、全身脱毛が完了するまでの時間はシルキーライトⅡより長くなります。

シルキーライトⅡは日本人の毛質を研究して開発されたマシンなので、日本人特有の細い毛や薄い毛にも脱毛効果があります。

施術する部位に冷却ジェルを塗らなくてもいいので、ジェルのベタベタしたのが苦手な人には向いています。

■支払い方法はどうなの?

シースリーとラヴォーグはどちらも料金が安いということはわかりましたが、支払い方法はどうなのでしょうか。

シースリーは一括払い、分割払い、一括の後払い、分割の後払いの4つから選択できるようになっています。

さらに分割払いでクレジットを利用する場合でも、金利手数料はシースリーが負担してくれます。

ラヴォーグの月額制プランの場合は分割払いとなり、毎月指定の口座から引き落とされます。

回数制プランの場合は一括払いをする必要があるので、まとまった現金を用意しておかなくてはいけません。

一括払いの場合、クレジットカードを使用することもできます。

いろいろな支払い方法の中から選択したい人には、シースリーがおすすめでしょう。

■店舗へ通う回数や施術にかかる時間に差はあるの?

忙しくて店舗へ通う時間がなかなかとれない人は、通う回数や施術にかかる時間が気になるかと思います。

シースリーの通常コースでは1回の施術で全身脱毛の4分の1の範囲を脱毛するので、4回店舗へ通えば全身脱毛が1回完了します。

ただし、ソースリーの超光速脱毛コースなら、1回の施術で全身脱毛を完了させることができ、しかも1回あたり45分という短時間で施術が完了します。

ラヴォーグの月額制コースは2ヵ月に1回店舗へ通うだけですが、回数制コースは2週間に1回通って短期間で全身脱毛を完了させることも可能です。

施術にかかる時間は使用する脱毛機により変わってきます。

LVSで全身脱毛をする場合は30分ほど、シルキーライトⅡで全身脱毛する場合は2時間ほどかかります。

他のサロンよりも時間はかかりますが、丁寧に施術するので効果はあります。

短期間で時間をかけすに脱毛したい人にはシースリー、時間は多少かかっても脱毛効果を実感したい人にはラヴォーグがおすすめです。

■解約や返金の対応はどうなっているの?

脱毛サロンの解約や返金はトラブルの原因のひとつなので、気になるところです。

シースリーでは、途中での解約はいつでも自由にできるようになっています。

解約するには店舗へ電話で連絡するだけで、違約金をとられることもありません。

ただし、解約するには手数料が必要となり、契約した金額の10%か最大で2万円がかかります。

わざわざ解約手数料を払う必要はなく、返金される金額から差し引かれるだけです。

ラヴォーグも解約することはでき、店舗に出向くか電話で連絡するかのどちらでもいいので解約したいと伝えればいいだけです。

解約について伝えると後日書類が送られてくるので、必要事項を記入して返送すれば手続きは完了です。

ラヴォーグの月額制コースは違約金だけでなく解約手数料もかかりません。

ただしパックプランについては、解約手数料だけがかかります。

解約手数料は、施術を受けていない回数分の代金の10%か最大で2万円までが差し引かれて返金されます。

例えば、6万円が施術を受けていない回数分の代金であれば、6万円×10%=6000円が解約手数料で、6万円-6000円=5万4000円が返金されます。

このお金は手続きが完了してから2~3週間後に、指定口座へ振り込まれます。

違約金も解約手数料も払いたくない人には、ラヴォーグの月額制コースはおすすめです。

■シェービングはしてもらえるの?

脱毛サロンで施術を受ける場合にシェービングは自分でしておくのは常識であり、最低限のマナーでもあります。

ただ、剃り残してしまったり、うっかり忘れてしまったりということはあるでしょう。

そんな時にシースリーとラヴォーグでは、どのような対応をしてくれるのでしょうか。

シースリーでは原則として、背中やお尻などの剃りにくい部位については無料でシェービングしてくれます。

腕や足など自分でできるところは有料となることもあるので注意しましょう。

なお、シェーバーはサロンで用意してくれないので、自分で用意する必要があります。

ラヴォーグでも自分ではうまく処理できない部位、例えば、うなじ、背中、腰、お尻については無料でシェービングを受けられます。

ただし、その4つの部位以外は有料となっていて、1つの部位につき800円の料金が発生します。

4つの部位すべてをシェービングしてもらうと、合計で3200円かかるということです。

剃り残しの処理も料金がかかるので注意しましょう。

ただし契約内容によっては、シェービングを無料でやってくれることもありますので確認しておきましょう。

余計なお金をできるだけ払いたくない人には、シースリーがおすすめです。

■脱毛できる部位に差はあるの?

シースリーとラヴォーグはどちらにも全身脱毛コースがありますが、脱毛できる部位に差はあるのでしょうか。

シースリーで脱毛できる部位は全部で53箇所ですが、顔とIライン・Oラインは選択するようになっています。

両方とも脱毛したい場合には、追加料金のかかる月額9000円コースを選ぶといいでしょう。

一方、ラヴォーグの全身脱毛プランで脱毛できる部位は55箇所で、顔もVIOラインも含まれています。

コース内容に含まれているので、追加料金がかかることはありません。

シースリーでもコースを選べばラヴォーグと同じ数の部位を脱毛できるので、どちらを選んでも差はないでしょう。

■シースリーとラヴォーグの店舗へ通う頻度は?

どのくらいの頻度で店舗に通う必要があるかは、継続していく上では知っておかなくてはならないことです。

通う回数が多いと続けられないこともあります。

このことは、1回の施術でどのくらいの範囲の脱毛ができるかということと深い関係があります。

シースリーは1回来店して施術を受けると、通常コースの場合は全身脱毛1回分の4分の1の脱毛します。

つまり、4回通って1回の全身脱毛を完了できるということです。

ただし、超光速脱毛コースを選べば、たった1回の施術で全身脱毛1回分の範囲を脱毛することが可能です。

ラヴォーグはプランによって回数は違っています。

月額制なら2ヵ月に1回、回数制なら指定はなくいつでも自由に通うことができます。

1日で全身脱毛を完了させることができるので、少ない回数で全身脱毛を完了させることが可能です。

時間がなくて忙しい人には、ラヴォーグがおすすめです。

■予約の変更やキャンセルはどうなる?

予約の変更やキャンセルへの対応も気になる点です。

シースリーでは予約の変更やキャンセルについては当日でも受け付けてくれますが、予約している時間の前までに必ず連絡をしなくはなりません。

事前に電話連絡すれば、キャンセル料がかかることはありませんが、ちょっとでも遅れたり連絡するのを忘れたりするとキャンセル料がかかります。

回数制のコースなら1回の施術分が無効になり、回数・期間無制限のコースは3000円を支払う必要があるので注意しましょう。

なおシースリーでは予約変更やキャンセルはネットではできないので注意しましょう。

ラヴォーグでも予約の変更やキャンセルは受け付けていますが、ネットで予約していた場合は前日の18時までにネットだけでキャンセルや予約変更の処理ができます。

わざわざ電話しなくていいので便利です。

仕事やプライベートが忙しくて当日行けなくなることも多い人には、当日キャンセルできるシースリーがおすすめです。

■まとめ

できるだけ料金を安く抑えて顔やVIOラインを含んだ多くの部位を脱毛したい人、少ない回数で全身脱毛を完了させたい人はラヴォーグがおすすめです。

料金の安さだけでなく支払い方法が選べるのを重視する人、予約変更やキャンセルに柔軟に対応してくれるサロンに通いたい人にはシースリーがおすすめです。

 - シースリー 比較