ムダ毛のないキレイな肌は、女性にとって武器になることから、女性たちはファッションを楽しむため、自分に自信を持つためにムダ毛をなくす脱毛という選択をしています。

脱毛は、一か所始めると、その他の部位も気になり始めるもの。そのため、最初から全身まるごと脱毛するために全身脱毛を選ぶ人が多くみられます。

脱毛施術を受けることができるサロンやクリニックは全国多数ありますが、無制限に全身脱毛が可能なサロンはなかなかありません。

そんな中、「無制限全身脱毛が可能」が人気のサロン、それがc3です。しかし、人気と同時に利用者からは「予約がとりにくい」という声を良く耳にします。

そこで今回は、c3の予約をとりにくいことでお悩みの方必見!c3の予約システムと、予約をスムーズにとるコツをご紹介します。

シースリー(c3)は予約がとれない!?

実際にシースリーc3を利用している人の口コミ等を見てみると、

・予約がどうしても取れない
・いきたいときに予約がとれない
・すぐに埋まってしまう

などといったものが目立ちます。

その最大の理由として、シースリー(c3)はキャンセル料がかかりません。一般的な脱毛サロンでは、直前のキャンセルはペナルティとしてキャンセル料がかかりますが、シースリー(c3)は一切かからないので、前もって予約だけしておいて直前でキャンセルする…という悪循環が原因となり、予約がとりづらい状況になっています。

しかし、だからといってすべての人が予約できず困っているのかというと、もちろんそうではありません。コツを抑えることで、予約をとることも可能です。

シースリー(c3)予約方法、スムーズに予約を取る方法

シースリー(c3)の予約方法には「どこでも予約」というものが導入されています。

これは、24時間いつでもどこでも全店舗予約が可能というもので、パソコンやスマートフォンなどから簡単に予約が可能です。

予約がとりにくいという利用者の声に合わせ、随時どこでも予約のサービス改善が行われています。

スムーズに予約をとるためのコツは、

その1:予約が空いている周辺店舗を確認すること
その2:ネットで空きがない場合でも、コールセンターへの電話で確認すること

などがあります。

1に関して言えば、首都圏や関西圏など店舗が集中している場所に限定されますが、いつも通っている店舗以外の周辺店舗も念のため確認すると、希望通りの日にちに予約が取れる可能性があります。

また、24時間予約ができるどこでも予約は便利ですが、キャンセルが反映されるまでにタイムラグがあります。

そのため、確実に予約をとるためには直接コールセンターに電話して予約の空きやキャンセル状況を確認しましょう。

シースリー(c3)の予約はいつからできる?

シースリーは施術の2ケ月前から予約をとることができます。さらに「毎月1日の0時」からスタートとなるため、0時ちょうどから、予約枠の争奪戦が始まると考えておきましょう。

2か月先の予定が決まっていないという場合でも、とりあえず予約だけは入れておく!これが鉄則です。

キャンセル料がかからないというメリットを最大限に生かしましょう。

さて、予約の取り方ですが、「2か月前であれば、月初であれば大丈夫でしょ」この考えはNGです。

シースリー(c3)の予約をとるためには、月末の日付が変わる前から予約のためにスタンバイしておくこと。

0時を過ぎた瞬間にすぐ予約!これで、最低でも1~2回分の予約をとることができません。

予備日分も予約することができれば、万が一予定が入ったとしても確実に脱毛施術を受けることが可能となります。

予約は電話がいい?ネットやアプリでもできる?

前項でもご紹介したように、シースリー(c3)ではネット予約システム「どこでも予約」が使われています。

パソコンやスマートフォンなどがあれば、時間・場所を選ばず気づいたときに予約をとることができるので便利です。

従来の電話予約システムのみに限定されている状況では、仕事などの都合で予約の電話をすることができないことも難点とされていましたが、どこでも予約の導入で使いやすくなりました。

一方でどこでも予約での予約はとりにくいという声もありますが、随時改善されているので今後の改善にも期待です。

どうしても確実に予約をとりたい、キャンセル状況を一刻も早く知りたい場合は、コールセンターに電話することで、最新情報を知り予約することができる場合もあります。

しかし電話予約の場合、オペレーターによる確認事項が多いことや、一店舗ずつ確認する手間、その場で予約を決めなければいけないことを考えると、焦らず自分の予定と照らし合わせて予約が可能なオンライン予約「どこでも予約」の方が、使いやすいということができるのではないでしょうか。

どこでも予約について。

手軽さが魅力のどこでも予約ですが、いきなり予約!をすることはできません。どこでも予約を利用する際には、まず最初に事前申請が必要となります。

意外と知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかもこの申請、「申請してすぐに利用することができる」のではなく、ある程度日数が必要です。その日数はなんと2週間ほどかかることには驚きです。

シースリー(c3)で予約をとるためには、毎月1日0時にどこでも予約をスタンバイしておかなければいけないことを考えると、最低でも利用月の3か月前15日頃には申請する必要があります。

万が一、どこでも予約の登録が1日0時に間に合わなかった場合は、電話予約を利用しましょう。

かよエールについて。

かよエールは、シースリー(c3)が予約の取りづらさ対策として導入したシステムの一つです。

これは、予約の急なキャンセルがあったときにアラームで知らせてくれるというもの。

対象のキャンセル枠は当日~3日以内!予約の空きがでた連絡を受けた際に予定がなかったらラッキー!ですよね。

かよエールの使い方ですが、まずどこでも予約への登録が必須です。どこでも予約のサービスの一環というわけです。

登録後、どこでも予約にログインした後「かよエール」登録をクリックし、「空き時間が出たらメールを受信する」にチェックを入れるだけなので簡単です!

既に予約がとれていて、空き時間を知らせてもらう必要がない場合は解除するだけなのでこちらも簡単!必要のないメールが届くのが嫌という方にはオススメです。

予約キャンセルしたらどうなる?

シースリー(c3)は、予約のキャンセル料金がかからないこともメリットの一つです。

通常の脱毛サロンであれば、○日前からキャンセル料がかかると決められていますが、急に当日仕事が終わらなかったり、どうしても外せない予定が入ることもありますよね。

忙しく過ごしている方にとってはキャンセル料がかからない点は非常に魅力的ではないでしょうか。

しかし、キャンセル料がかからない一方で、遅刻や無断キャンセルに関しては厳しいペナルティをもうけています。

このペナルティは、契約しているコースによって異なります。回数コースの場合は、1回分の施術回数消化、回数無制限コースの場合はおよそ¥3,000円の違約金が課されることになります。

予約を守ることや、時間厳守は大人としての常識ですが、ペナルティが課せられるのであればさらに注意する必要があります。

シースリー(c3)の予約システムをうまく活用して自信を手に入れる!

予約がとりにくいという声が多いシースリー(c3)ですが、予約システムをうまく活用することで自分が希望している日時に施術を受けることが可能です。

いくら、「無制限全身脱毛」「料金が安い」というメリットを並べても、実際に予約をして施術を受けることが出来なければ意味がありません。

だからこそ、予約をスムーズにとるコツをいかして、狙った日時を脱毛dayにしましょう!

脱毛することは、自信に繋がります。あなたも自信を持てる肌、手に入れませんか?