シースリー(C3)全身脱毛の効果は?口コミや評判、料金プランの総額まとめ。

脱毛サロン、シースリー(c3)について。脱毛の効果や種類、料金、評判・口コミ、他サロンとの比較まで詳しくまとめました。これからシースリーを予約しようと考えている方は是非参考にしてくださいね♪

シースリーと銀座カラーの比較まとめ。それぞれの良い点悪い点

公開日:2016/12/2

無制限で脱毛できるサロンとして有名なシースリーと銀座カラー。
この人気のある脱毛サロンをコース内容や料金などから比較してみます。

■月額料金はどちらが安い?
シースリーは全身53ヶ所の部位を脱毛できるコースが月額7,500円(税抜)で通えます。
このコースは顔やIライン・Vラインも含まれており、全身くまなく360℃脱毛することができます。

銀座カラーは顔脱毛を含まない22ヶ所の全身脱毛コースが月額6,800円(税抜)となっており、顔を含む24ヶ所の全身脱毛は月額8,900円(税抜)で通うことができます。

顔を含んだ全身脱毛で比較するとシースリーが1,400円お得ですね。

■1回の施術で脱毛する範囲を比べてみた
1回の施術で脱毛できる範囲について、シースリーと銀座カラーではどのくらいの差があるか比べてみました。

シースリーの全身脱毛は最短45分で脱毛することができ、1回の施術で全身の脱毛が可能です。
銀座カラーも1回で全身を脱毛することが可能です。
以前は1回で全身の4分の1を施術するという感じだったようですが、今はシースリーも銀座カラーも1回で全部脱毛してもらえるので特に差はありません。

■施術にかかる時間を比べてみた
全身脱毛をする場合、1回の施術でどれぐらい時間がかかるのか気になる方も多いと思います。

シースリーは超光速脱毛機を使用しているので最短45分程度で1回の全身脱毛が完了します。
日本人の肌や毛質を研究して開発されたマシンなので安心して施術を受けられます。

銀座カラー施術の時間は大幅に短縮されており、1時間ほどで全身を脱毛することができるようになったのですが、施術時間にこだわる方には最短45分で全身脱毛ができるシースリーがオススメです。

■一番人気のあるプランを比べてみた
シースリーと銀座カラーには様々なコースがあり、単純にどちらが良いとは判断しにくい部分があります。

ここでは一番人気があるコースを比べてみました。

・シースリーの一番人気のコース
シースリーで一番人気があるのは回数・期間が無制限の月額7,500円のコースです。
1回の施術で全身を脱毛できるので、3ヶ月に1回通えば年間で4回脱毛できるということになります。
料金は月々7,500円(税抜)で総額料金は382,400円(税抜)です。
月々7,500円を24ヶ月支払うことになるのですが、年2回のボーナス払いが設定されています。
このコースで脱毛できる部位は顔やかIライン・Oラインも含まれているので、全身キレイにすることができます。

・銀座カラーの一番人気のコース
銀座カラーで一番人気があるコースは全身パーフェクト脱毛コースです。
このコースは1回の施術で全身を脱毛することができ、顔脱毛も含まれています。
店舗へ通う頻度は3ヶ月に1回で年間4回になります。

月々8,900円(税抜)で総額は259,558円(税抜)です。
2年間の支払いとなりますが、支払い期間中は年2回のボーナス払いがあります。
すべての部位が無制限で脱毛できるわけではなく、顔と鼻下に関しては12回に制限されています。

このように顔脱毛を含んだ全身脱毛で人気があるコースを比較すると、銀座カラーは顔と鼻下について12回の回数制限がありますが、シースリーは回数無制限なので納得できるまで脱毛できます。

こういうことから、回数を気にせず何回でも脱毛できるシースリーがオススメです。

■全身脱毛の効果に違いがある?
シースリーも銀座カラーも最新の脱毛機を導入しているので、全身脱毛の効果に大きな差はありません。

店舗に通う頻度が高ければ、それだけ脱毛の効果を感じやすくなります。
ただ、毛周期に合わせながら脱毛しないと効果が出にくいのでシースリーも銀座カラーも3ヶ月に1回ぐらいのペースで通うという感じが理想とされています。
どちらも、脱毛マシンの種類に差はありませんし、効果についてもほとんど同じです。

シースリーも銀座カラーも同じぐらいの脱毛効果なのでどちらを選んでも問題はないでしょう。

■返金システムに差はあるのか?
全身脱毛を途中でやめた場合の返金システムがどうなっているか気になる方もいるはずなので、シースリーと銀座カラーの返金システムを比較してみました。

シースリーの月額制コースは返金はありませんが、回数制のプランは残った回数分を返金してもらうことができます。
返金額は支払った金額-(1回あたりの料金×利用回数+解約手数料)という計算式で算出されます。
解約手数料は返金される金額の10となっており、上限は20,000円です。

銀座カラーも回数制は返金してもらうことができます。
返金額はシースリーと同じように、支払額-(1回あたりの料金×利用回数+解約手数料)で計算されます。

返金システムについては、シースリーと銀座カラーで差はないので途中で解約する可能性がある方も安心です。

■ドクターサポートはあるの?
万が一お肌にトラブルがあった場合の対応についてシースリーと銀座カラーを比較してみました。

シースリーは、日本医療・美容研究協会へ加盟していて安全面の配慮は十分しており、トラブルがあった場合は提携している医療機関を紹介するという体制が整っています。

銀座カラーも同様に医療機関と提携して、万が一の場合に備えた体制が整備されています。
どちらも安全面へ十分な配慮がされていて差はないので安心です。

■シースリーと銀座カラーの支払い方法に差はあるの?
支払い方法も脱毛サロンを選ぶ際の大切なポイントです。
シースリーは4つの支払い方法があり、自由に選べるようになっています。

・現金
・クレジットカードによる一括払い
・ローンかクレジットカードによる分割払い
・9ヶ月後の一括払い
このように豊富な支払い方法があり、分割払いにかかる手数料はシースリーがすべて負担してくれます。
クレジットカードで一括で支払い、その後分割する場合ははクレジットカード会社による手数料がかかります。

銀座カラーはも支払い方法は選ぶことができます。
・現金
・クレジットカードによる一括払い
・ローンによる分割払い
3万円以上のローンの場合は3回払いから最大10回までの分割払いが金利手数料0円となっています。

たくさんある支払い方法の中から選びたい方、金利手数料を負担したくない方にはシースリーがオススメです。

■シースリーと銀座カラーのシェービングサービスは?
脱毛サロンではシェービングはしないというのが一般的で、施術を受ける前に自分で処理するのがルールになっています。
ただ自分では剃りにくい部位がありますし、剃り残してしまうこともあるのでそんな場合のシースリーと銀座カラーの対応を比べてみました。

シースリーは自分でシェービングしにくくて剃り残してしまったという部分は無料でシェービングしてくれます。
原則として腕や足などは自分でシェービングすることになっているので、まったくシェービングしていない場合はその部位を脱毛できないということになるので注意しましょう。

自分で直接見ることができない部分・手が届かない部位に関しては無理して自己処理をする必要はありません。
そういう部位については無料でシェービングしてもらえるので安心です。
しかし、そういう場合は衛生上の問題から自分のシェーバーを持参してシェービングしてもらうことになっています。

銀座カラーもシースリーと同じようにシェービングを前日までに済ませなければなりません。
背中やでん部、Oラインなどの剃りにくい部位は無料でシェービングをしてくれます。
銀座カラーもシースリーと同じように自分のシェーバーを持参する必要があります。

無料シェービングサービスについては、どちらも充実しているので特に差はありません。

■予約の取りやすさに差はある?
予約が取りにくいサロンは通うのが大変です。
特に忙しくてスケジュールが調整しにくい人は気になるポイントなので、シースリーと銀座カラーを比較してみましょう。

以前のシースリーは予約が取りにくいことで有名でしたが、新しいシステムを導入してから予約は取りやすくなっています。
契約した店舗以外でも予約を取ることができ、24時間いつでもネットで予約できます。
予約がいっぱいの場合でも、キャンセルが出たらメールで通知してくれるシステムもありますから、予約が取りにくいと感じることはほとんどありません。

銀座カラーも予約の取りやすいように改善され、予約の空き状況をメールで通知してくれるサービスがあります。
シースリー同様、契約した店舗以外でも予約することが可能ですから、シースリーも銀座カラーも予約の取りやすさについてはほとんど差はありません。

■キャンセル対応に差はある?
予約をしていたのに急用ができて行けなくなることもありますが、そんな場合の対応を比べてみました。

シースリーは当日でも予約時間までの連絡でキャンセルできます。
予約はネットからできますが、予約のキャンセルは店舗へ直接電話する必要があります。
1分でも遅れるとキャンセル料を払わなくてはいけないので注意しましょう。
連絡をせずに予約時間を過ぎてしまった場合はペナルティとして3,000円支払わなくてはなりません。
回数制の場合は3,000円のキャンセル料に加え、1回分の施術が消化されてしまうことになりますので遅れたり、無断キャンセルしたりしないように気をつけて下さい。

銀座カラーは予約した日の前日19時までにキャンセルの電話をする必要があります。
それ以降に連絡すると2,000円のキャンセル料がかかります。
回数制コースの場合はキャンセル料金はかからず、1回分の施術を消化するというペナルティがあるので注意が必要です。

忙しくて当日行けなくなる可能性が高いという方は、当日キャンセルが可能なシースリーがオススメです。

■生理の時の対応を比べてみた
急に生理になってしまった場合、シースリーと銀座カラーはどういう対応をしてくれるのかを比べてみました。

シースリーは生理になった場合は施術が中止になります。
施術ができないだけで予約の変更は可能なので、当日の予約時間の前までに必ず連絡するようにしましょう。

銀座カラーは生理になった場合でもVIOライン以外の部位は脱毛することが可能です。
しかし、どうしても生理を理由に予約の変更をしたい場合は、前日の19時までに電話で連絡する必要があります。
もし時間までに連絡しなければ、2,000円のキャンセル料が発生することになります。

生理になった場合でも施術をしたいという方には銀座カラーをオススメすることができます。

■店舗へ通う頻度を比べてみた
全身脱毛をするとなると、どのくらいの頻度で店舗に通うことになるのか気になると思うのでシースリーと銀座カラーを比較してみます。

シースリーの全身脱毛は1回で全身を脱毛でき、3ヶ月の間隔を空けないといけないので1年間に4回通うことになります。

銀座カラーは全身脱毛を1回で完了でき、1年間で6回脱毛することが可能なので、2ヶ月に1回通うことができます。

忙しくて頻繁に店舗へ通えない場合は、銀座カラーも3ヶ月に1回通えばいいのでシースリーも銀座カラーも通う頻度はほとんど変わりません。

■パッチテストはしてくれるの?
アレルギーの検査であるパッチテストをしてくれるかどうかは、サロン選びで大切なポイントなのでシースリーと銀座カラーを比較してみました。

シースリーは希望によりパッチテストを受けることができます。
銀座カラーでも、無料カウンセリングの際に希望するとパッチテストを受けることができます。

肌が弱い方は、ちょっとの刺激で藻肌荒れしてしまったりすることがあるのでパッチテストをしてもらうことができる脱毛サロンを選ぶようにしましょう。

■まとめ
全身脱毛をする時は、料金や脱毛効果、通う期間など様々なことが気になります。

脱毛料金の安さを重視する方や、できるだけ多くの部位脱毛したい人にはシースリーがオススメです。
銀座カラーは1年に6回通うことができるので、短期間で全身脱毛を終わらせたい場合は銀座カラーが適しています。

支払い方法の選択肢が多いのもシースリーとなっていて、すぐに支払いを解しできない方も脱毛できるのでオススメです。
予約の取りやすさやシェービングサービスについても特に差はないですし、同じ光脱毛なので効果も変わりはありません。

どちらで脱毛してもきちんと効果があるのですが、キャンセルに関する決まりがゆるいのはシースリーなので、仕事や学校が忙しくてちゃんと通えるか心配だという方には当日キャンセルができるシースリーがオススメです。

 - シースリー 比較