シースリー エピレ

大手のエステテックサロンが運営していることで有名なエピレとシースリーの料金やプラン内容などを比較してみました。

どちらに通うか迷っている方は参考にしてみてください。

シースリー(c3)とエピレの特徴を比較してみた。

シースリーは関東を中心とし51店舗を展開している全身脱毛の専門サロンです。

毎月お得なキャンペーンを実施していて料金が安いことでも有名です。

また、全身脱毛を実施しているサロンとしては珍しい回数・期間無制限コースがあるのが特徴で、永久にメンテナンスしてもらえるシステムがシースリーの大きなポイントとなっています。

一方、エピレは大手エステティックTBCが運営する脱毛サロンで全国に27店舗を展開しています。

エピレは脱毛を専門としたサービスを提供しています。

エピレでは多くの脱毛サロンが導入している光脱毛で施術を行っています。

初めての方限定のプランもあり、脱毛したい箇所から自由に選べるので気軽に脱毛をスタートすることができます。

シースリーとエピレの料金プランを比較

脱毛サロンを選ぶ際にまず考えるのは料金ですよね。

シースリーとエピレの気になる料金を比較してみました。

シースリーは全身脱毛専門店なのでパーツごとのプランはありません。

全身脱毛も回数制か月額制を選ぶだけとなっており、全身46パーツの回数制と全身53パーツの月額制に分かれていてどちらかを選ぶという感じになります。

そして、エピレは様々なプランがあります。

LパーツやSパーツに分けたプランや顔のパーツ5部位まとめたプラン・デリケートゾーン5部位をまとめたプランなど、様々なプランから選ぶことができるようになっています。

全身脱毛も種類があり、全身トータルプランとセレクト10プランという感じに分かれていて、脱毛したい部位はたくさんあるけど全部ではない・・というような方にピッタリのプランも多数用意されています。

シースリーは部位ごとの脱毛ができないので料金は全身脱毛のプランのみとなっていますが、料金の安さにこだわる方にはシースリー、自分の希望する部位だけ脱毛したい方にはエピレがオススメです。

シースリーとエピレの脱毛効果を比べてみた。

脱毛サロンを選ぶ際に料金と同じくらいこだわるのが脱毛効果。

シースリーとエピレの脱毛効果はどれぐらいの差があるか比較してみましょう。

シースリーもエピレも脱毛方法は光です。

施術を受けてから効果を実感するまでにかかる時間は個人差があるので一概には言えませんが、平均的には3回~5回ぐらい施術を受けると薄くなるのを実感できるようになります。

脱毛する際にほとんど痛みはありませんが、敏感な部位は痛みを感じることもあります。

シースリーは日本人女性のために開発された最新の超光速脱毛機C3-GTRを使用しており、全身脱毛が最短45分でできるようになっています。

エピレも日本人女性のお肌に合わせて開発されたオリジナルの脱毛マシン、フェリークFv4を使用しています。

脱毛効果はシースリーもエピレも差はないのですが、シースリーの全身脱毛が最短45分で終わるという点が大きなポイントです。

短時間で全身脱毛をしたいならシースリーがオススメです。

シースリーとエピレの支払い方法の違いは?

料金と一緒に考えておかなくてはならないのが支払い方法。

シースリーとエピレの支払い方法を比べてみました。

シースリー(c3)のお支払方法

・現金払い(一括)
・クレジットカード払い
・月々払い
・後払い

エピレのお支払方法

・現金
・クレジットカード
・エピレクレジット

このような支払い方法が可能となっています。

シースリーは手数料がかからない月額制のプランもありますし、後払いも可能です。

9ヶ月0円のキャンペーンをしているので、すぐに支払うことができない方もお金を貯めたりボーナス払いをするという感じでも契約できるので便利ですね。

エピレも独自の支払い方法があり、エピレクレジットなら専業主婦や学生さんでも分割払いすることができますし、手数料も1年で12%(1ヶ月1%)となっているので安心です。

支払いは36回までの分割が可能なので無理なく支払えるようになっています。

どちらも支払い方法は選ぶことができるのですが、月額料金で支払えたり、後払いができるシースリーの方が魅力的に感じられるかもしれませんね。

シースリーとエピレのシェービング料金は?

脱毛サロンへ通った経験がない方はご存じないかもしれませんが、施術を受ける前に脱毛する部位を自己処理しておく必要があります。

ただ、自己処理するのが難しい部位もあるのでそういう部位に関してはシェービングサービスをしてくれるサロンもあります。

シースリーとエピレのシェービングサービスを比較してみましょう。

シースリーは自分では手が届かない部位や直接見えない部位については無料でシェービングしてもらうことができます。

剃り残しについても無料でシェービングしてもらえるのですが、全く剃っていない部位は施術をしてもらえません。

自己処理していない部位を省いての施術となるので注意が必要ですね。

エピレ剃り残し程度ならサロンで処理してもらえます。

その際には自前のシェーバーが必要になるので持参しておくといいでしょう。

シェーバーを持参していない場合はエピレで購入することも可能です。

エピレは衛生管理を徹底しているため、自前のシェーバーが必要となるのですが、剃り残しがない場合は不要です。

剃り残しがある場合はシェーバーが必要となるのですが、購入してまでシェービングしてもらわなくてもいいという方は1回の施術をあきらめるということになるので、どうするかは自分で判断することになります。

余計なお金を払いたくない方にはシースリーがオススメです。

シースリーとエピレの予約の取りやすさを比較!

予約が取りにくいと脱毛の間隔が空いてしまって効果を実感しにくくなることがあります。

以前のシースリーは予約が取りにくいことで有名でしたが、電話での予約以外にもインターネットで24時間365日いつでも予約できるというシステムが導入されたので予約しにくいという問題は改善されました。

パソコンやスマートフォンからいつでもどこでも気軽に予約することができます。

契約している店舗以外で予約することも可能ですし、施術できるスペースも増やしているのでがスムーズに予約できるようになったのです。
人気店は予約が混み合うこともありますが、以前に比べると予約しやすくなりました。

エピレも電話予約以外に会員専用サイトから予約することができるので、予約が取れなくて困るということもありません。

予約が取りやすいサロンに自分のペースで通いたい方にはエピレがオススメです。

シースリーとエピレでは勧誘されるの?

脱毛サロンは勧誘されるという噂がありますが、シースリーとエピレは勧誘があるかどうか調べてみました。

シースリーは無料カウンセリングの際に脱毛コースの説明を受けますがしつこい勧誘はありません。

パーツごとのプランがなく、全身脱毛専門のサロンなので回数制か月額制を選ぶという感じになるのでカンタンです。

エピレは初めての方限定のファーストプランを選んだ方にはオススメプランへの案内があります。

しつこくて困るほどの勧誘ではなく、一度オススメプランの説明を受けて断ればそれ以上勧誘されることはありません。

シースリーもエピレもしつこい勧誘はないのでどちらでも安心して通えますね。

シースリーとエピレの接客態度は?

脱毛サロンを選ぶときはスタッフの接客態度も重要なポイントになるので比較してみましょう。

シースリーはどこの店舗でもスタッフの接客態度は平均的なレベルです。

研修を受けたスタッフがマニュアルに沿った接客をしているという感じです。

接客マナーの悪いスタッフはいませんが接客レベルはそれほど高いわけではないようです。

エピレのスタッフは一般的なサロンよりも接客レベルが高いと言えます。

大手のTBCグループということもありスタッフの教育には力を入れています。

スタッフの接客レベルが高い脱毛サロンにこだわるならエピレがオススメです。

シースリーとエビレのカウンセリングに違いはあるの?

初めて脱毛サロンへ通う人はカウンセリングでどんなことを話すか気になるでしょう。

カウンセリングでは脱毛のことや自分のムダ毛がどういう状態なのかを知ることができるのでとても重要です。

シースリーとエピレのカウンセリングにはどのような違いがあるか比較してみましょう。

シースリーは初回無料のカウンセリングがあります。

ムダ毛の状態をチェックしたり、脱毛方法や料金などについての説明があります。

リラックスした雰囲気でカウンセリングを受けることができ、わからないことや不安なことを相談することもできます。

カウンセリングの後に初回施術日を予約して終了となります。

エピレのカウンセリングも無料です。

施術する前に事故防止のために様々なことを確認し、不安なことを相談することもできます。

ムダ毛や肌の状態をチェックして希望にあったコースを提案してもらうことになります。

カウンセリング当日は施術することができないので予約をして終了となります。

カウンセリングにかかる時間は1時間ほどですが、長引くこともあるので時間的に余裕がある日を選んでカウンセリングの予約をしましょう。

シースリーもエピレもカウンセリングの内容に差はないのでどちらに通っても大丈夫です。

店舗移動は可能?

引越しや転勤などで今まで通っていた店舗に通えなくなるというケースがあります。

そんな場合でも引越し先に近い店舗で施術を受けられるという脱毛サロンが増えています。

他の店舗へ移動できるというシステムはとても魅力的ですが、シースリーとエビレは店舗移動に対応しているのか調べてみました。

シースリーはどこの店舗でも予約でき、顧客情報を全店舗で共有できるというシステムなのでスムーズに移動することができます。

面倒な手続きや手数料がかかることもなく、新しい店舗でもこれまでの脱毛状況がわかりますので安心です。

引越しや転勤でも最寄りのシースリーに通えるのは助かりますね。

エピレも店舗移動は自由にできます。

引越しした場合や、自宅の近くに新しい店舗ができた場合でもスムーズに移動できます。

どちらも気軽に店舗移動ができるシステムとなっていますが、引越しや転勤が理由でなくても他の店舗に通うことはできます。

いつもは職場の近くだけど、休みの日は家の近くがいいというような場合もシースリーやエピレは好きな店舗に予約できるのでとても便利です。

※エピレはTBCグループですが、TBCへの店舗移動はできません。

シースリーとエビレの返金システムを比べてみた

脱毛サロンを選ぶときに忘れてはいけないのが返金に関する問題です。

シースリーとエピレの返金システムを比べてみました。

シースリーの回数制のコースは残った回数分を返金してもらうことができます。

支払った金額から残回数分を差し引き、残回数分の金額から10%を手数料として差し引いて返金されます。

しかし、2回以上脱毛してからの解約は返金してもらうことができませんので注意が必要です。

エピレは全額返金制度があるので初めて脱毛サロンへ通う方も安心です。

ただし、ファーストプラン限定されていて2回以上脱毛しないことが条件とされています。

1回だけ脱毛してみたいという方はエピレのファーストプランで1回体験して、満足できなかったら2回目の施術を受ける前に解約するという感じなら返金してもらうことができます。

エピレの通常プランには全額返金制度は適用されないので注意しましょう。

脱毛するのが初めての方には全額返金制度のあるエピレをオススメしますが、返金制度にはルールがありますのでしっかりと把握しておきましょう。

まとめ

シースリーとエピレを比較すると、効果や予約方法・カウンセリングの内容などほとんど同じような感じなのでどちらに通っても安心です。

しっかり教育されていてレベルの高いスタッフが多いということで比較すると、やはり大手TBCグループのエピレがオススメです。

条件はあるもののどちらも解約すると返金してもらうことができますし、店舗の移動も可能です。

店舗数はシースリーの方が多いので、予約の取りやすさで選ぶとシースリーの方が良さそうです。

しかし、エピレも予約がとりにくいというような情報はなく、スムーズに予約できるとのことなのでどちらの脱毛サロンを選んでも安心して通うことができると言えます。